お尻のザラザラの正体と解消法

お尻のザラザラの正体と解消法

お尻、特にショーツのゴムが当たる部位周辺の肌が、ザラザラになって困っている人は多いと思います。
大げさな言い方をすると「ゾウ」の皮膚のような感じです。いつもは隠れている部分ですが、水着になるとかなり目立ってしまいます。
この部位がザラザラしている場合は、色素沈着を起こしている場合がほとんどです。水着から出た肌の部分が、残念なことに黒っぽく見えてしまうのです。

HT088_350A

このザラザラ肌は、血行が悪いためにターンオーバーが正常でなくなった部分です。古い角質が剥がれ落ちないで溜まってしまった状態なのです。
この分厚くなった角質を落とそうとして、ザラザラのナイロンタオルでガリガリやったのでは、色素沈着がどんどん進んでいってしまいます。
お尻の黒ずみの予防方法は他にも色々あります。
バスタイムに肌に負担をかけないよう、たっぷりの泡でやさしくマッサージしましょう。週に1度くらいはスクラブでマッサージするのもいいです。
お風呂上がりには、たっぷり保湿を行うのは基本です。特に、スクラブマッサージをしたあとは、更にたっぷりの保湿が必要です。

下着にも普段から気を使いたいですね。ボクサーパンツだと、お尻にゴムが当たることはないのでオススメです。
ナイロンなどの化学繊維の入っていないものを選んで着けたほうが、肌への摩擦が少なく、色素沈着を防ぎます。
毎日の生活の中でも、お尻を圧迫させで血行を悪くさせないように心がけたいものです。椅子に座りっぱなしではよくありません。
できる範囲で、立って歩いたりするのもいいですよ。