蒸れからくるお尻のニキビ

蒸れからくるお尻のニキビ

お尻にできるニキビの原因で、蒸れがあります。
ニキビと言えば、脂肪が多いためにできるとされています。
顔にしても、背中ニキビも豊富な皮脂が原因とされていますが、実はお尻にはそれほど皮脂はないとされています。
ところが、蒸れに関しては、あるときは深刻なことになったりすると言われています。
蒸れに関しては、なんとなく想像で、デリケートゾーンの水分が予想されます。
それもありですが、見かけによらず汗も多いとされています。

普段、お尻に汗をかいたからといって、拭くことは少ないと思いますし、わざわざ下着をずらしてまで、という部分です。
この下着があるため、というのもお尻にニキビを作ってしまいます。
通気性の良い、汗をよく吸い取る下着であれば、蒸れも防止することができますが、自分のランジェリーファッションと通気性に関しては、天秤そのものも難しいことです。
どちらをとるかによって、蒸れの環境を作ってしまうことも考えられます。
それでも、いつも風が通るような環境であれば良いのですが、なにせ座っている時間が長いということだけでも、通気性は最悪。
どんどんと蒸れを作っています。

ちなみに、座っている間は、蒸れを促進しているとされています。
汗をかきやすい、座っている時間が長い、下着の通気性が悪いなどの条件が揃ってしまうと、
蒸れが原因のニキビができるとされていますから、少し気にしてみてください。
一番は、下着ですが、コットン100%のパンツ、オススメなのですが…。

HT192_350A

長時間座りっぱなしの姿勢が続くとできるお尻のニキビ
また、座りっぱなしでいることで蒸れが生じお尻にニキビができる。
こんなことってある?ということですが、実は大いにありなのです。

お尻は、とても丈夫な感じがします。
事実、とても皮ふが厚くできていますから、少し位のトラブルは安心しがちです。
外部からの衝撃には強いですが、熱い皮ふで、ニキビなどができた時には、ニキビ痕もできやすいですし、黒くなったりもします。
ニキビが顔にできた時には、なるべく刺激をしないようにと思うところですが、お尻のニキビで、座っている場所に当たると、刺激も与えっぱなしということになってしまいます。
少しだけのニキビができそうという時に、座ってばかりいると、当然立派なニキビができてしまうのは必至です。

下着との擦れ合い、ちょっと相性が悪かったりすると、すぐにお尻のニキビが大きくなったりと、お尻と座るの関係は、ニキビにとっては好相性と言うことになってしまいます、
汗もかきやすく、それでいて乾燥もしがち、コットンの下着ではない場合は、通気性も悪いということになると、座っているだけでニキビができてしまう事になります。
座ってばかりの仕事の方はもちろん、普段から、お尻に関しては心配りをしてみてください。
対策としてはお尻にやさしいオールインワンケアをしてみるのもいいでしょう。

通気性の良い下着で、乾燥を防ぐためのケアをして、ニキビができないようにすることが大切です。
座るな、ということは無理ですから、きちんとしたケアを続けていくうちに、座りっぱなしでもニキビができにくくなります。
ニキビが出来る要因をなくして行くことが大切かもしれません。